ここでは旧杉田劇場とアテネ劇場、そしてそこに出演した若き日の美空ひばり(当時は加藤一枝、和枝)に関する情報を書き留めていきます。

 

No.1 杉田青年団が出演した杉田劇場

 昭和21年(1946)9月16日付の神奈川新聞に掲載された杉田劇場の広告です。

 

9月16日晝夜2回 入替ナシ

戦災者 引揚者 慰問演藝大會 初秋を劃する此の壮擧

杉田青年団演劇 若手連中熱演

 

喜 劇 車夫の代診

時代劇 国定忠治 御存じ山形屋

新 派 名人長治

 

杉田通り・市電湘南共杉田駅

 

と書いてあります。京急のことを当時は「湘南」と呼んでいたようですね。

 

  さて、この杉田青年団ですが、美空ひばりの叔母である西村克子さんが、著書『愛燦燦・ひばり神話の真実』の中で少し書いています。

 ひばりの父、増吉さんが「美空楽団」を作ったとき、ドラムがなかったため杉田青年団の人が持っているのを買いに行った、というのです。当時、杉田の青年団は一つだけだったはずなので、もしかしたらドラムを譲った人も、この劇に登場していたのかもしれませんね。


No.2 昭和23年7月、「四谷怪談」の公演があった

 四谷怪談を公演したのは“好評の雀之助一座”と書かれている。市川雀之助という人が座長の劇団のようだ。

 “好評の”とあるから、当時は有名だったのだろう。

 

 昭和33年の週刊誌によると、一座は裏町歌舞伎と呼ばれていたことがわかった。今でいう大衆演劇みたいなものであろうか。

 昭和35年の週刊誌ではこんな記事も出ている。

 出し物は歌舞伎をアレンジしたものが多く、座員は29人と少ないので、演技の合間には大道具、小道具、囃子方に早変わりするという。こう書くと何やらうらぶれた雰囲気を連想しがちだが、この一座は芝居もしっかりしていて、座長が大見得をきると、客席から「雀サマ!」、「小紅さま!」と声がかかり、タバコやおひねりが投げられるという話を紹介している。

 今、杉田劇場に来られるご利用者様やお客様のなかには、旧杉田劇場でいろいろ演劇を観たよ、という方が結構いらっしゃる。

 先日、ギャラリーを借りて絵画展をなさっていたグループの中に、旧杉田劇場の内部構造をしっかりと覚えている方がおられた。雀之助や市川門三郎の話がバンバン出てくるのだが、その中に「四谷怪談」を観たという話があった。


No.3 昭和23年9月、杉田劇場で映画大会が行われた

 昭和23年9月7日の神奈川新聞に載った映画演劇の案内。戦後間もないころは演劇が主体であった劇場案内だが、この時代になってくると、あちこちで映画の上映が増えてきた。

 すべての新聞記事を確認したわけではないので、確かなことは言えないが、手持ちの記事だけからいえば、これが杉田劇場での最初の映画上映だったかもしれない。

 昭和21年4月、6月~8月、12月号、および23年8月号が図書館では欠号だったので、もしかしたら、この中に映画上映の広告が載っていた可能性も大いにあるのだが。

 上映されたのは9月7日から9日の3日間。ただしトーキーではなく、“昔懐かしの無声映画大会”となっている。

 3本立てで1本目が「滝の白糸」だ。戦前戦後を通じいくたびか映画化された泉鏡花の名作であるが、昭和12年以降はトーキーなので、これは昭和8年の無声映画かもしれない。

 となると出演者は入江たか子、岡田時彦など、そうそうたるメンバーである。

 2本目は沢正の国定忠治。沢正というのは新国劇の沢田正二郎のことで、Wikipediaによると彼が主演した映画「国定忠治」は大正14年の作品である。

 3本目はマンガ弱虫珍戦組。これもWikipediaによると、制作・監督は漫画家の市川崑で、昭和10年に公開されたアニメ映画である。上映時間約15分。

 端の方に映画説明と書かれているのは弁士。活字がつぶれており判読ができないが、谷天郎と竹本○○と読める。後者は竹本嘯虎のようである。

 どんな映画だったのか、観てみたいものである。


No.4 昭和21年4月10日に掲載された杉田劇場の広告

 左の画像は昭和21年4月10日の神奈川新聞に掲載された広告です。

 まず、目につくのは劇場名の前の「新設」という文字。このことによって、杉田劇場は昭和21年(1946)4月の少し前に造られたことが分かります。どのくらい前なのか、普通に考えれば2月、3月あたりなのかもしれませんが、残念ながら当時の新聞には劇場オープンの記事も広告も見当たりません。

 杉田劇場の経営者・高田菊彌氏の甥で同劇場の社員だった片山茂氏の話では、1月にオープンしたといいます。開場から3か月も経っているのに「新設」というのも妙な感じがしますが、4月10日に初めて新聞紙上に登場したのですから、わざわざ「新設」とつけたのかもしれません。

 

 この時のメインは暁第一劇団。これは大高ヨシヲが座長の劇団でした。特別出演はミソラ楽団で、熱血ノ舞台とされています。加藤和枝(のちの美空一枝、美空ひばり)が杉田劇場の舞台に立ったことは確かな事実ですが、それがいつだったのかは不確定です。しかし、彼女はミソラ楽団とセットで出演していますので、おそらくこの4月9日を初日とする「三の替」興業時にも歌っていたに違いありません。

 ここで注目したいのは「熱血ノ舞台」という言葉。これは初登場とは思えないような書き方です。「二ノ替」か「一ノ替」、あるいは3月あたりで何回か出演していたのではないでしょうか。

 美空ひばりが、いつ、どこで舞台に立ち始めたのかは諸説あって、よく分かっていません。ここでは、当時の新聞広告などからその辺を突き止めていきたいと思います。


No.5 昭和21年4月13日に掲載された杉田劇場の広告

 4月10日に続いて掲載された杉田劇場の広告。「好評 四の替 十三日初日」というカコミ文字のほかに、「四日毎ニ狂言差替上演」と書かれています。今回の上演予告は昭和21年4月13日から16日までのものですが、前回の広告と違うのはミソラ楽団の扱い方です。

 三の替では大高ヨシオ一座暁第一劇団が、新舞踊、喜劇、時代劇と3本立てで公演し、そこにミソラ楽団が特別出演するというふうに読めます。

 ところが今回の四の替では、「家族」と「浮名の銀平」の2本立てで、ミソラ楽団はその間に入り、合わせて3本立てとなっています。

 三の替に登場した楽団が好評だったので、格上げしたような形になっています。しかもミソラ楽団という文字が2カ所に書かれています。

 さらに、この楽団がどういう演奏をするのかという情報も、小見出しながら付け加えられるようになったのです。彼らは民謡と軽音楽をやったようですね。

 

 現在の杉田劇場には、旧杉田劇場に貼られていたポスターの原寸大コピーが2枚展示されています。1枚は大高ヨシオ一座とミソラ楽団の名前、もう1枚は大高ヨシオ一座と美空楽団のほかに美空一枝(のちのひばり)の名前が書かれています。

 残念なのは、この2枚がいつの公演だったのか、日付が記載されていないこと。ただ、杉田劇場で働いていた片山さんのお話では、昭和21年3月か4月ということでした。

 杉田劇場では4月16日までミソラ楽団が出演していたことが分かりましたが、その後は誰が出ていたのか。

 さらに広告を調べていくと、4月21日は浪曲、22日~24日は大高ヨシオ一座、25日~30日はおかめ座という公演でした。

 その後も、近江二郎、森野五郎とつづき、ミソラ楽団の名は出てきません。

 ということは、あのポスターに書かれた興行は昭和21年4月の一の替、二の替だったのかもしれません。あるいは、3月だったのか・・・・・・。

 次回はそのポスターについて書いてみたいと思います。