ここでは旧杉田劇場とアテネ劇場、そしてそこに出演した若き日の美空ひばり(当時は加藤一枝、和枝)に関する情報を書き留めていきます。

 

No.1 杉田青年団が出演した杉田劇場

 昭和21年(1946)9月16日付の神奈川新聞に掲載された杉田劇場の広告です。

 

9月16日晝夜2回 入替ナシ

戦災者 引揚者 慰問演藝大會 初秋を劃する此の壮擧

杉田青年団演劇 若手連中熱演

 

喜 劇 車夫の代診

時代劇 国定忠治 御存じ山形屋

新 派 名人長治

 

杉田通り・市電湘南共杉田駅

 

と書いてあります。京急のことを当時は「湘南」と呼んでいたようですね。

 

  さて、この杉田青年団ですが、美空ひばりの叔母である西村克子さんが、著書『愛燦燦・ひばり神話の真実』の中で少し書いています。

 ひばりの父、増吉さんが「美空楽団」を作ったとき、ドラムがなかったため杉田青年団の人が持っているのを買いに行った、というのです。当時、杉田の青年団は一つだけだったはずなので、もしかしたらドラムを譲った人も、この劇に登場していたのかもしれませんね。